銀行の住宅ローンの金利推移@山口

一条工務店の坪単価と評判


%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b36

 

株式会社一条工務店(ICHIJO CO.,LTD.)は、東京都江東区に本社、静岡県浜松市西区に浜松本社を置く大手ハウスメーカー。拠点数は沖縄を除く全国360ヶ所、工場は11ヶ所。2015年度の戸建販売戸数業界第2位 (日本プレハブ新聞調査)。
木造軸組工法や2×6工法による建築を得意とし、自社オリジナルの標準仕様設備やソロモンマホガニーの無垢など天然木材質をふんだんに用いた内装が特徴。設立当初より、「地震に強い家づくり」をモットーとしていたため、東京大学との各種実大建物実験など産学協同にて住宅の耐震性、耐久性について早くから追求してきました。

 

一条工務店の概要

 

本社所在地 〒135-0042(本社)東京都江東区木場五丁目10番10号(本社)
〒432-8006(浜松本社)静岡県浜松市西区大久保町1227番地6(浜松本社)
資本金 5億7460万円
売上高 2,807億円  (2013年3月期)
従業員数 約4100名
決算期 3月31日

 

 

一条工務店の坪単価・評判(1)

一条工務店を検討したことがあります。はっきりと正確には金額は出せません。一番建築仕様で安いのがアシュレという商品になります。アシュレでだいたい坪55万ぐらいだと言われてますが、諸費用(地盤改良や申請費用など)がかかってきますと、単純計算の60×55では建ちません。また、だいたいOPもはいってきますので結構坪単価は最終的にはねあがります。地盤改良で結構かわりますよ。参考までに、私は、OPはあまりつけませんでしたが、地盤改良は高く、i-smartという商品で33坪で2800万ぐらいでした。坪単価ではアシュレ→i-cube→i-smart→ブリアール→夢の家と低い→高いと記憶しています。

 

一条工務店かローコスト系か!? (2014/12/28 16:23) 投稿番号:490133

新築を建てようとしているのですがこの二択で迷っています。
本当に建てたいのは一条工務店。今月寒い日に、お泊り体験に行って床暖房の快適さに魅了されてしまいました・・・。しかしやはり価格がネックです(-_-;)一条工務店の見積もりはi-smartで延床34坪で太陽光10kwのって約4500万円(土地+諸費用込)。

もう一つ迷っているのは地方のローコスト系住宅で歴史の浅い会社ですが、受注は右肩上がりのようです。そちらは延床39坪で太陽光4kwのって約3600万円(土地+諸費用込)。断熱材はアクアフォームで長期優良住宅仕様です。

価格差は900万円あります(-_-;)しかし一条工務店は太陽光の売電で月の支払いはローコスト系とほとんど変わらなくなるとおっしゃいます。ほんとうにそうなら一条工務店で建てたいですが。
頭金は1500万円で、夫婦で年収はだいたい700万?750万になります。お互い看護師なのでこの収入は下がることはないと思いますが主人が41歳なのであまり長いローンを組みたくありません(25年で考えています)。

太陽光の売電を当てにしての支払いに正直不安があります。あと坪数が違います。しかし、安い家はあまり長持ちしないかな?それならメンテナンス費用があまりかからない一条工務店で建てたほうがいいのか毎日悩んでいます。

皆様ならどちらにされますか?参考にさせてください!お願いします。

 

一条工務店の坪単価・評判(2)

一条工務店ismartで建てられた方に質問です。

住まれている年数、住み心地、満足しているところ、ここはこうすればよかったというところ等、教えてください。

 

2年です。
冬の床暖房は最高につきますが、それ以上に満足しているのは、床暖房を使ってない期間です。夏はエアコンの効きがほんとに良くて、性能の良さを実感できると思います、エアコンや床暖房を使わない微妙な暑かったり寒い時期にご近所の人が遊びに来たときも、なんで暑くないの、なんで寒くないのと言われ、改めて高断熱高気密を実感できました。
正直他の高断熱高気密の家とは比べることはできませんが、間違いなく一条の家は満足できました!

 

一条工務店の免震住宅と夢発電システム

免震住宅を他社に先駆けて導入し、戸数実績4100棟あり、日本No.1(2013年4月現在)。同社の技術である「一条ハイブリッド免震構法」は(株)ブリヂストンとの共同開発による。「広告より実物を見る方がその良さがわかる」という理念に基づき、テレビや新聞の広告をあまり行わず、住宅展示場での宣伝に力を入れている。これは大手ハウスメーカーでは珍しいと言える。近年は、業界トップクラスの高気密・高断熱仕様の「夢の家」「i-cube」「i-smart」の販売・普及に努めており、「環境大臣表彰」、「省エネ大賞」、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2007」などの環境・省エネに関する賞も数多く受賞しています。

さらに、2010年(平成22年)より、オリジナル太陽光発電システム「夢発電システム」の販売を開始。建築時の搭載費用のかからない独自の「発電払いシステム」(初期費用0円、太陽光での発電返済、返済後は発電量のすべてが使える)を採用。一層の住宅の省エネ性、環境貢献性の向上を図る。このシステムは、2011年(平成23年)のグッドデザイン賞で、全業界初となる「ビジネスモデル・デザイン」部門を受賞している。2012年6月に、浜松市の沿岸部約17.5キロに津波対策の[防潮堤]を整備するための建設資金300億円を静岡県に寄付することを発表した。初年度に100億、工事の進展に合わせて残りの200億を寄付する予定。

企業スローガンは「お客様よりお客様の家づくりに熱心であろう」。また、住宅性能を追求した家づくりに取り組んでいることから、企業メッセージを「家は、性能。」としています。

 

「一条工務店」浜松市防潮堤に300億円ポンと寄付

一条工務店といえば、浜松市の防潮堤に多額の寄付をしたことで有名ですね。

2011年の東北大震災を受けて、静岡県が、浜松市の浜名湖入り口の東岸から天竜川西岸の約17.5キロメートルにわたって、 防潮堤の整備に乗り出すことになったのですが、この防潮堤の整備が地元で創業された住宅メーカーの一条工務店グループ(東京都江東区)の寄付で行われるという点が異例でした。 寄付の額は、3年間で300億円。

2016年の5月31日時点で全体の1/4にあたる約4.5kmの区間において、標高13.0m までの築堤が竣工しています。