銀行の住宅ローンの金利推移@山口
銀行の住宅ローンの金利推移@山口 > 住宅ローン 金利推移 > 民間金融機関の住宅ローン金利の推移

民間金融機関の住宅ローン金利の推移


民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)

ところで、住宅ローンの金利は、どのように変化・推移していくかわかりません。
なので、住宅ローンは、長期的な金利動向を踏まえて選ぶことが重要になります。

では、実際に過去の金利はどのように推移しているのでしょうか。
下の表は、平成30年9月時点の民間金融機関の住宅ローン金利の推移です。
住宅金融支援機構のHPに掲載されているデータからの引用です)

 

民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)

 

※ 主要都市銀行のHP等により集計した金利(中央値)を掲載。
なお、変動金利は昭和59年以降、固定金利期間選択型(3年)の金利は
平成7年以降、固定金利期間選択型(10年)の金利は平成9年以降のデータを掲載。
※ このグラフは過去の住宅ローン金利の推移を示したものであり、
将来の金利動向を約束あるいは予測するものではありません。

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)について

独立行政法人住宅金融支援機構(Japan Housing Finance Agency、JHF)は、
住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人。2007年4月1日に発足。
所管省庁は、国土交通省住宅局と財務省です。

一般の金融機関による住宅の建設等に必要な資金の融通を支援するための貸付債権の譲受け等の業務を行うとともに、一般の金融機関による融通を補完するための災害復興建築物の建設等に必要な資金の貸付けの業務を行うことにより、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、もって国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与します。

旧住宅金融公庫では、住宅ローンを直接融資していたが、住宅金融支援機構では一部の民間金融機関による貸付が困難な分野のみに直接融資を限定し、その他の一般的な住宅ローンについては、民間金融機関が長期固定金利の住宅ローンを提供できるよう、資金の融通を支援する。なお住宅金融支援機構は、一定の金融機関、一定の債権回収会社、地方公共団体その他政令で定める法人に対し、業務の一部を委託することができる。

 

住宅ローン一括審査申込

より良い条件で住宅ローンを借りるためには、
複数の商品を「比較」したいところ。

しかし、気になる商品が多くなればなるほど
申し込みのためにかかる時間や手間が増え、気が重くなってしまいます。

住宅本舗の「住宅ローンの仮審査一括申し込みサービス」なら
必要情報を1度入力するだけで、複数の金融機関への仮審査の申し込みができます。

もちろん利用料は無料。仮審査結果では、金融機関ごとの金利だけでなく、
保証内容も含めて比較することが可能です。

そもそも住宅ローンのお借り入れはどのように進めるのでしょうか。



住宅ローン一括審査申込