銀行の住宅ローンの金利推移@山口

住宅ローンとは


%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b33

 

住宅ローンにはいろいろな種類があります。
どれを利用するかで将来の家計などに大きな影響がでてきます。

住宅ローンとは金融機関から受ける融資のこと

そもそも、住宅ローンとは、住宅を購入、新築、増築、改築、あるいはローンの借り換えを行うために金融機関から受ける融資のことです。マイホームを購入する際には、それが一戸建てであれ、分譲マンションであれ、ほとんどの方が住宅ローンを利用しています。年収の数倍となるマイホームを全額現金で購入時に支払っている方はほとんどいません。

住宅ローンは現状では大手の都市銀行だけではなく、地方銀行や信用金庫や労働金庫など、日本全国のたくさんの金融機関が提供していますが、金融機関によって金利や諸費用などの条件が異なっているため、借入先の金融機関を選択する前に、複数の金融機関が提供する住宅ローンの内容をきちんと調べて、比較することはとても重要です。

 

住宅ローンは公的ローンと民間ローンの2つのタイプがある

住宅ローンには大きく分けて2つのタイプ、公的ローンと民間ローンがあります。また、これに加えて、証券化ローンである「フラット35」もあります。金利の着目すると、「固定金利型」、「変動金利型」の2つがあり、変動金利型の一種である「固定金利選択型」も広く利用されています。

公的ローン

公的ローンには、財形住宅融資、自治体融資の2つがあります。

財形住宅融資
・財形貯蓄を1年以上継続し、貯蓄残高が50万以上ある方を対象とした融資。

自治体融資
・自治体により異なり、儲けていない自治体もある。
物件や購入限度額には一定の制限がある金利面は比較的有利なものがある。

民間ローン

・銀行などのローン
銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などのローンで
借入条件はそれぞれの金融機関できめられており、商品性も多様化している。

・JAのローン
JAの組合員向けのローン。農家以外でも組合費を納めて準組合員になれば
利用できる場合がある。

・生保のローン
生命保険の加入者を対象としたローン。

・ノンバンクローン
住宅ローン専門会社・信販会社・クレジット会社などのローン。最近は、ハウスメーカーが
モーゲージバンヵーを設立し、長期固定型のローンを提供している。

・フラット35
住宅金融支援機構による住宅ローン債権の仕組みを利用した長期固定型のローン。
金利は金融機関によって異なる。融資額は物件価格の90%まで、最高8000万円の
ローンが組める。但し、住宅の質を確保するため、住宅金融支援機構が定めた技術基礎を
クリアする必要がある。また、繰上返済時の手数料も無料。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。