銀行の住宅ローンの金利推移@山口

住宅ローン金利とは


%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b32

 

 

住宅ローン金利とは

住宅ローンに限らず、自動車ローン、教育ローンなど
いずれのローンにも必ず「利子(利息)」がつきものです。

住宅ローンなどの場合はこの利子のことを「住宅ローン金利」と呼びますが、
住宅ローンの返済時にはこの金利がとても重要な意味を持ってきます。

では、住宅ローン金利はどれくらいが基準になっていて、返済金額にどのくらいの
影響を与えるか、ご存知でしょうか?

住宅ローンの金利には、固定金利と変動金利の2種類がありますが、
これをミックスした固定金利期間選択型もあります。

それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

住宅ローン金利 全期間固定金利型

メリット
・全期間の返済額を確定できるので、長期にわたるライフプランがたてやすい。
・低金利時に借りると全期間にわたって低金利のメリットを享受できる。
デメリット
・高金利時に借りると、将来にわたり高金利の返済額が確定してしまう。

住宅ローン金利 変動金利型

メリット
・借入時の金利は一般的に固定金利型より低い。
・一般的に金利低下局面では、返済額が減少する。

デメリット
・借入れ時に将来の返済額が確定できず不安が残る。
・一般的に金利上昇した場合、返済額が増加する。
・金利が一定以上に上昇した場合、「未払利息」が発生する恐れがある。

住宅ローン金利 固定金利期間選択型

メリット
・一定期間の返済額だけ確定できる。

デメリット
・固定金利期間終了後の返済額が確定せず不安が残る。
・もし固定金利期間終了後金利が上昇した場合、返済額が増加する。

*どのタイプの金利を選択するかは、住宅ローン選びの重要なポイントになりますが、
一般に、住宅ローンは高額で長期の借入れになるので、固定金利がセオリーとされています。

 


2 Comments »


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。