銀行の住宅ローンの金利推移@山口
銀行の住宅ローンの金利推移@山口 > 住宅ローンの最新情報 > 銀行の住宅ローン、9月から金利引き上げ

銀行の住宅ローン、9月から金利引き上げ


%e4%bd%8f%e5%ae%85

 

住宅ローンの関する最新の情報です。

銀行の住宅ローン、9月から金利引き上げ

(Yahooニュースより引用20160831)
三井住友銀行やりそな銀行も引き上げを発表した。
銀行の住宅ローン金利は、日本銀行のマイナス金利政策の影響で、
8月まで2か月連続で過去最低の水準で推移していた。
金利引き上げは4月以来、5か月ぶりとなる。

「足元で市場金利がやや上昇しているため」

銀行が2016年9月1日から金利を引き上げる住宅ローンは、「固定金利型」だ。
三菱東京UFJ銀行は、店頭表示金利の固定特約タイプのうち、
融資期間10年の住宅ローンの金利を0.10%引き上げ、年3.10%とした。
店頭表示金利より低い、最優遇金利は10年固定特約タイプで、
現行の年0.5%から年0.60%となる。
一方、三井住友信託銀行は期間10~35年が0.10%の引き上げ、
期間2~5年は0.05%引き上げる。9月からは、10年固定で年2.75%
(店頭表示金利)。最優遇金利で年0.45%の水準になる。

 

8月31日に引き上げを発表した三井住友銀行は、
期間「10年超15年以内」を0.10%引き上げたほか、「15年超20年以内」を0.10%、
「20年超35年以内」を0.12%引き上げた。10年固定特約タイプの最優遇金利は
年0.70%から年0.80%になる。

 

みずほ銀行は0.05%引き上げ、10年固定の最優遇金利で年0.70%。
りそな銀行は0.1%引き上げ、10年固定の最優遇金利で年0.75%となる。

三菱東京UFJ銀行によると、今回の引き上げは「足元で市場金利が
やや上昇しているためです」と説明。市場金利の動向に加えて、
他行との競争環境などを考慮して「総合的に判断しました」という。

 



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。